酒田市民会館 希望ホール KIBOU HALL

bg

Event

公演情報

2022.1.15 Sat.

高橋多佳子 ピアノ・リサイタル庄内公演 in 酒田

大ホール 発売中
高橋多佳子 ピアノ・リサイタル庄内公演 in 酒田
  • 時間

    開演/14:00 (開場/13:15)

  • 会場

    大ホール

  • プログラム

     ~ 新しき道 Neue Bahnen ~

    ショパン

    2つのノクターン  作品15

    バラード 第1番ト短調  作品23

    4つのマズルカ 作品17

    ポロネーズ 第6番  変イ長調  作品53「英雄」

    シューマン

    アラベスク  ハ長調  作品18

    ブラームス

    ピアノソナタ 第3番  ヘ短調  作品5

    ※曲名、曲順は変更になる場合があります。

  • チケット

    全席指定
    【S席】2,500円(U-25  1,500円)
    【A席】2,000円(U-25  1,000円)
    【酒田・鶴岡公演セット券(前売・S席のみ)】4,500円(U-25 2,500円)

    ※セット券は、希望ホールと荘銀タクト鶴岡のみでの取り扱いとなります。
    ※未就学児のお子様はご入場いただけません。
    ※U-25チケットは、公演日時点で、25歳以下の方が対象です。入場時に生年月日が確認できる証明書をご持参ください。

  • チケット発売日

    2021年10月15日(金)10:00~

  • プレイガイド

    希望ホール窓口(9:00~19:00): TEL.0234- 26- 5450

    ※休館日:毎週月曜日(祝日の場合は翌平日)
    ※年末年始(12/29 ~ 1/3)

    荘銀タクト鶴岡:TEL.0235-24-5188

  • お問い合わせ

    酒田市教育委員会社会教育文化課文化芸術係 TEL.0234-24-2982 
    希望ホール(酒田市民会館) TEL.0234- 26- 5450

INFORMATION

ショパン国際ピアノ・コンクール第5位入賞の高橋多佳子が、庄内初リサイタルとなる酒田・鶴岡での2日間にわたり紡ぐ、珠玉の名曲たち。2021年11月の東京公演と同プログラムとなる酒田公演では、ショパン、シューマン、そして高橋多佳子にとってのNeue Bahnen(新しき道)となるブラームス〜ロマン派の抒情にみちた旋律を、鶴岡公演では、代名詞ともいえるショパンの世界を奏でます。わが国を代表するショパン弾き、高橋多佳子の真髄と新たな世界をどうぞお楽しみください。

~ 高橋多佳子さんからのメッセージ ~

皆様こんにちは。
この度、酒田と鶴岡で2日間にわたり演奏できますこと、とても嬉しく思います。
酒田では、前半は私が長く勉強してきたショパン、そして後半はシューマン、ブラームスを演奏致します。特にブラームスは私にとって新しい挑戦で、新たな扉を開けるような気持ちです。
一方鶴岡では、ショパンの超名曲であるバラード全4曲をメインに据えた、オール・ショパン・プログラムです。
どちらのプログラムも聴き応えのあるものになっています。
酒田と鶴岡の皆様と共に、素晴らしい音楽の時間を共有できましたら嬉しいです。
皆様にお会いできますことを楽しみにしております!

高橋多佳子

【酒田公演関連企画】 アナリーゼ ワークショップ

コンサートをより深く楽しみたい方はもちろん、「クラシック音楽は難しい」「楽しみ方がわからない」という方のために、酒田公演で演奏される楽曲の魅力や作曲家について、高橋さんがわかりやすくお話します。

■日時: 2022年 1月14日(金)19:00~ 20:00(開場18:30)
■会場: 希望ホール(酒田市民会館)大ホール
■チケット: 500円(全席自由・税込み、25歳以下無料)
※1月15日もしくは1月16日の公演チケットをお持ちの方はチケット提示で無料。
※前売り券の販売はありません。当日会場でお支払いください。
※未就学のお子様はご入場いただけません。


【Profile】高橋 多佳子(ピアノ)

1990年第12回ショパン国際ピアノ・コンクール第5位、以後、内外で数多くの賞歴を重ねる。桐朋学園大学卒業、国立ワルシャワ・ショパン音楽院研究科を最優秀で修了。その後10年間にわたりポーランドで研鑽を積む。国立ワルシャワフィルをはじめ、国内ではほとんどの主要オーケストラと数多く共演を重ねている。既に22タイトルのCDをリリースし、その多くが“レコード芸術誌”特選盤となる。2019年には待望の「ショパン:ピアノ協奏曲第1番」と新録音からなるショパン・アルバムをリリースする。2010年から《茂木大輔の生で聴く「のだめカンタービレ」の音楽会》全国ツアーに参加。浜離宮朝日ホールでのリサイタルシリーズ《ショパンwith フレンズ》(全4回)、《名曲達の饗宴》(全3回)は、各回ともに優れた企画と高い音楽性で絶賛を博した。
ソロ活動の他に、宮谷理香とのピアノ・デュオ「デュオ・グレイス」、礒絵里子(Vn)新倉瞳(Vc)との「椿三重奏団」としても活動。
ヨーロッパの著名な国際音楽祭への出演や、中国での公演、ポーランドの《青少年のためのショパン国際コンクール》、ロシアの《ラフマニノフ国際コンクール》に審査員として招聘されるなど国際的なキャリアも築いている。

“Facebook” 高橋多佳子 Takako Takahashi Pianist


error: