酒田市民会館 希望ホール KIBOU HALL

bg

Event

公演情報

2013.3.21 Thu.

林美智子メゾソプラノ・リサイタル

大ホール
林美智子メゾソプラノ・リサイタル
  • 時間

    開演/19:00 (開場/18:15)

  • 会場

    大ホール

  • チケット

    【指定席】
    一般:3,500円
    大学生以下:1,500円
    【自由席】
    一般:3,000円
    大学生以下:無料ご招待
    ※自由席[大学生以下]の招待券は、希望ホールのみの取り扱いとなります。

  • チケット発売日

    平成24年12月8日(土)10:00

  • プレイガイド

    酒田市民会館「希望ホール」

    マリーン5清水屋

    みずほ八文字屋

    八文字屋ヱビスヤ店(鶴岡)

    Book City とみや(庄内町)

  • お問い合わせ

    酒田市民会館「希望ホール」 ℡ 0234-26-5450

INFORMATION

日本が誇るメゾソプラノ・林美智子の美声が希望ホールに響き渡る――どうぞご期待ください。

予定曲目

・武満徹:小さな空
・武満徹:翼
・武満徹:死んだ男の残したものは
・ビゼー:オペラ『カルメン』よりハバネラ
※都合により、曲目は変更となる場合がございます。


林 美智子(メゾソプラノ)

東京音楽大学卒業。桐朋学園大学研究科、及び新国立劇場オペラ研修所修了後、文化庁派遣により渡独。
その存在は早くから注目を集め、02年二期会『フィガロの結婚』ケルビーノで絶賛を博し、同役は06年の再演、及び07年新国立劇場公演でも演じて当り役としての評価を不動のものに。他にも『ばらの騎士』オクタヴィアン、『皇帝ティトの慈悲』セストでの華麗な演唱は話題を呼び、世界の歌劇場を席巻するG.クレイマー、P.コンヴィチュニーなどの名演出家たちより国際的評価を得た。09年には佐渡裕指揮『カルメン』で新たなカルメン像を創り成功を収め、その模様はNHKでも放映された。
コンサートでも、C.ミョンフン、P.ヤルヴィなどの著名指揮者や主要楽団と共演しており、最近ではS.カンブルラン指揮読売日響共演「愛と海の詩」(ショーソン)での繊細、且つ表情豊かな歌唱が記憶に新しい。
メディアにも数多く登場しており、「NHKニューイヤーオペラコンサート」には2005年より連続して出演。
2012年最新CD≪ベル・エクサントリック~林美智子ベル・エポック歌曲集≫をリリース。
今後は2013年2月大植英次指揮東京二期会『こうもり』オルロフスキー、7月佐渡裕指揮兵庫芸術文化センター『セビリャの理髪師』ロジーナが予定されている。
2003年「国際ミトロプーロス声楽コンクール2003」最高位入賞。
第5回ホテルオークラ音楽賞受賞。
二期会会員

林さんのHPはこちら


河原 忠之(ピアノ)

国立音楽大学卒業。同大学大学院修了。91年より渡伊。故アルド・プロッティ氏のもとオペラ伴奏ピアニストを務め、数々の演奏会に出演。またマリア・カルボーネ女史のもとでは伝統的なイタリアオペラの表現にとどまらず発声法・ディクション等も取得。帰国後はサイトウキネンフェスティバル等でコレペティトゥールとして活躍。年間ステージは100を超え、リサイタル等のピアニストとして、その幅広い音色、繊細な音楽表現には定評がある。
2006年江原啓之「スピリチュアル・ヴォイス・カウントダウン」(大阪城ホール)にて大阪センチュリー交響楽団を指揮し、指揮者デビューを果たした。また、2008年「NHKニューイヤーオペラコンサート」において、プッチーニの生の映像をバックにプッチーニのピアノ・ソロを演奏し、好評を博した。
2009年国立音楽大学音楽研究所公演プッチーニ『ラ・ロンディネ』ではオペラ指揮者デビュー。2010年には自身が主宰するGruppo Kappa Opera旗揚げ公演『ヘンゼルとグレーテル』が各方面から絶賛を浴び、その後も2012年にはN.ロータ『ノイローゼ患者の一夜』、プッチーニ『ラ・ボエーム』、2013年には1月に東京で『ノイローゼ患者の一夜』とモーツァルト『コジ・ファン・トゥッテ』、6月には大阪いずみホールでヴェルディ『シモン・ボッカネグラ』を指揮予定など、近年は指揮者としても活躍している。
現在、国立音楽大学及び大学院准教授。


その他

※未就学児の入場はご遠慮ください。
※当日は託児を行いますので、3月12日(火)まで希望ホールへお申込みください。(子ども一人につき500円)
※車いす席をご希望の方は、自由席をお買い求めのうえ、希望ホールまでお申し出ください。

error: